金利の計算方法


消費者金融における金利の計算方法ですが、消費者金融の利息が日割り計算となっている点を覚えておきましょう。支払日翌日から次の支払日までの経過日数で利息が定められていきます。支払日から支払日までの途中でキャッシングをした場合は借り入れ前までの残元金の残りの利息が追加でキャッシングした後の残元金によって再度日割り計算で計算されることになります。

計算計算式で言うと残元金×実質年率÷365×利用日数=利息という計算になります。仮の計算として、もしも50万円を借り入れした場合、金利を18%であると計算すると30日で返し終えた場合は7397円の利息がかかるということになります。

このように消費者金融は早く返済すれば返済するほど金利を安く済ませることができます。そのため借り入れする際にはいつ返済できるのかと言うことも考慮に入れながら借り入れを行うと良いでしょう。そこで重要なのがどれぐらいの期間で返済するかという計算です。借り入れと返済を繰り返して長期間にわたる取引を続ける人もいれば、1回から3回ほどの複数回の支払いで完済してしまう人もいます。そうした場合には、返済計画によって金利がどのくらい重要な要素になってくるのか、金利そのものへの考え方も変わってくるでしょう。

無利息サービスを活用しよう