しっかりとした返済を


借り入れ消費者金融で借り入れをする際に、それぞれの金融機関の金利を事前によく調べてから返済計画を立てることは大切です。今は金融機関でキャッシングを行うことが以前と比べてしやすくなっているという現状があります。そのため借りやすさのあまり返済計画を甘く立ててしまい、とりあえずキャッシングをしてから具体的な返済計画を立てようという方も少なくありません。

しかしそうした甘い計画は返済する上で大きな問題となることも多く、返済するためにまた別の消費者金融から借り入れをするという悪循環に陥りかねません。そのような事態になると複数の消費者金融に毎月支払いを行わなければいけないことになり、非常に毎月の財政を圧迫することになるでしょう。

またそのような場合の心理的なストレスも大きく日常生活にも支障をきたすことにもなりかねません。そのような事態にならないように、まずは借りられる額と返済する具体的な計画をしっかりと立てた上で自分に返済できる金額内の借り入れを行うようにしましょう。 そのように具体的にしっかりとして計画を立てた上で消費者金融を利用するなら非常に便利なサービスといえるでしょう。いざというときのために頼りになる存在として消費者金融を利用して行くことができるようにしていきましょう。

【参照リンク】消費者金融

無利息サービスを活用しよう


無利息サービスもしも短期間で返済することができるのであれば無利息サービスという消費者金融のサービスを利用することがおすすめです。多くの消費者金融では30日間無利息サービスというものを設けており、初めて消費者金融でキャッシングをする方にとっては非常に親切なサービスと言えるでしょう。急に出費することになってしまい、次の給料日までにどうしてもお金が足りないときなど、この無利息サービスを利用することによって利息無しで借り入れを行うことができます。30日以内に返済すれば利息はゼロ円でなりますので30日以内に返済するための金額が入ってくる予定があるなら非常に便利なサービスとなるでしょう。また仮に30日以内に返済ができなかったとしても、最初の30日分の利息は0になりますので、それだけでもお得と言えます。

消費者金融によってこの無利息サービスの利用条件は変わってきます。最初の一回の借り入れだけ適用できるところもあれば何度でも30日間無利息のサービスが使える消費者金融もあります。このように消費者金融同士のサービスの違いを調べながら自分のニーズにぴったりの消費者金融を探しましょう。さらに消費者金融を利用する際にはポイントサービスを使うと手数料が無料になるなど様々な特典を揃えているところもあります。少しでもお得に借り入れを行うためにそうした消費者金融が行っているサービスの詳細を事前に調べておくことは役に立つでしょう。

しっかりとした返済を

金利の計算方法


消費者金融における金利の計算方法ですが、消費者金融の利息が日割り計算となっている点を覚えておきましょう。支払日翌日から次の支払日までの経過日数で利息が定められていきます。支払日から支払日までの途中でキャッシングをした場合は借り入れ前までの残元金の残りの利息が追加でキャッシングした後の残元金によって再度日割り計算で計算されることになります。

計算計算式で言うと残元金×実質年率÷365×利用日数=利息という計算になります。仮の計算として、もしも50万円を借り入れした場合、金利を18%であると計算すると30日で返し終えた場合は7397円の利息がかかるということになります。

このように消費者金融は早く返済すれば返済するほど金利を安く済ませることができます。そのため借り入れする際にはいつ返済できるのかと言うことも考慮に入れながら借り入れを行うと良いでしょう。そこで重要なのがどれぐらいの期間で返済するかという計算です。借り入れと返済を繰り返して長期間にわたる取引を続ける人もいれば、1回から3回ほどの複数回の支払いで完済してしまう人もいます。そうした場合には、返済計画によって金利がどのくらい重要な要素になってくるのか、金利そのものへの考え方も変わってくるでしょう。

無利息サービスを活用しよう

消費者金融の金利について


キャッシングをする上で非常に重要な要素となってくるのが、金利の高さです。金利が安ければそれだけ返済する際に支払いが楽になりますし、逆に金利が高くなれば支払いを行う期間が長くなれば長くなるほどトータルとして支払う金額が高くなってしまいます。そこで消費者金融を利用する際にもそれぞれの会社の金利をチェックすることが必要です。ただし金利の低さだけにこだわったとしても自分自身のニーズに合う消費者金融を選べるというわけではありません。なぜなら消費者金融の中にも審査が厳しいところもあり、申し込んでもキャッシングができないということもあり得るのです

金利また借り入れする金額によっても金利が変わってくるため、どの金額の借り入れであれば安い金利が実現できるのかを調べる必要があります。消費者金融の審査の中には正社員やアルバイトといった雇用形態上のステータスの他、毎月安定した収入を得ることができているかという点やこれまでに信用情報に関わるような問題が発生していないかという点などが考慮されます。

法律上でも適用される金利の上限はキャッシングする金額によって定められており10万円以上100万円未満であるなら上限金利が18%であるのに対し10万円未満であるなら10%となっています。また100万円以上借り入れすることになると上限金利が15%となりますが、100万円以上もキャッシングするためにはそれなりの社会的な信用が必要となります。こうしたさまざまな要素を考慮しつつ自分のニーズにあった消費者金融を賢く選んでいくことが必要となるでしょう。

金利の計算方法